パソコンで画像圧縮をサクっと。「Caesium」がオススメ

こんにちは、トヲル(@xxrealful)です。

WordPressのSEO対策のひとつと言えば、画像の軽量化でしょうか。プラグインで対応すると記事の更新にエネルギーを注ぐことができる→サイト運営もかなり楽ですが、ちょっとの手間でプラグインを省けるのであればそちらを取ろう、と考えました。

画像圧縮で有名なプラグイン

EWWW Image Optimizerで画像圧縮が1番簡単なSEO対策だ! | I Love 長野

EWWW Image Optimizerは、大量の画像をリサイズ&一括圧縮する必要のある場合であればとても有用なプラグインです。アップロードの段階で軽くしてくれるというのも魅力的。

「記事を投稿する際にはアイキャッチも大切」という声も良く目に(耳に)しますが、画像は多すぎてもマイナス効果となるのだとか。当ウェブログでは1記事あたりにアップロードする画像はせいぜい1~3,多くても5枚程度です(それより多くなることもたまにあります)。

で、あればプラグインに頼らず記事ごとに自分で圧縮をかけた方が、多少は手間ですが良さそうだなと。EWWW Image Optimizerを使っていたら突然エラーでウェブログが表示されなくなったときなどはかなり焦りましたし。

画像圧縮ソフト「Caesium」

私が使っている画像圧縮ソフトは「Caesium」です(フリーソフト、寄付歓迎の模様)。

提供元:オールフリーソフト

Caesium

詳しい機能説明はリンク先をご参照ください、使い方もそれほど複雑ではありませんから省略します(ものぐさw)。

複数の画像を一括で軽くできる

ドラッグアンドドロップの簡単操作にて、複数の画像をサクッと一括軽量化してくれるので重宝しています。私自身、面倒な設定などは一切していません。

元のファイルは残せる

圧縮をかけた画像は保存先を任意に選べますし、同じフォルダに保存するときでも「(画像名)_compressed.拡張子」という名称にリネームされ、圧縮元のファイルは残せますから何か手違いがあって手直しをしなくてはならない場合も慌てずに済みます。

本当に不要になったらば、ゴミ箱にポイでOK。

その他、細かい設定が可能

デフォルトのまま使えるCaesiumですが、圧縮率や出力形式などやろうと思えば細かく設定できる模様。ウェブログに使う画像でしたら別段いらないかなぁとも思いつつ、かゆいところにまで手がとどくというのはありがたいものです。

おまけ:PNGを出力形式そのまま圧縮

こちらを利用しています。オンラインサービス

PNGイメージをオンラインで圧縮する

ウェブログを書く場合、基本としてJPEGとPNGの圧縮さえできれば良いかという安易な考えにもとづいております(笑)。

EWWW Image Optimizerはいらないのか?

では、EWWW Image Optimizerがはたして不要なのかというと、そこはそれぞれの判断になってくるのではないでしょうか。私は、自分でなんとかできる範囲(なくても困らない・素人のカスタマイズで対応できる)だったらプラグインは入れずにすむほうが良いかなと思っているだけですから。

エラーが出る関係で一時期入れていなかったけれど、結局困りませんでしたからね。

ワタクシのブログはそれ以外に余計なプラグインがわんさか入っているのでどうにかしないといけないわけですがil||li_●/ ̄|_il||li

ちょっとずつ対応していきます…←ナメクジ速度