WordPress無料テーマ「4536」をローカル環境で試してみた

前々から気になっていた、無料のWordpressテーマ「4536」。

今回、ちょっと余裕ができたのでいろいろとカスタマイズしてみました。
それでウェブログ更新が滞りました。

広告

WordPress無料テーマ「4536」を少し触ってみた感想

スクリーンショットをたくさん入れるとアレですので()、画像はできる限りしぼってお届けしたいと思います。

アプリーチはそのまま表示された

当ウェブログでも長いこと愛用している「アプリーチ」のデザインはそのままCSSファイルに記載することで引き継ぐことができました。

アーカイブページの「圧」

アイキャッチを使用していない記事が続くとこんな感じに

アイキャッチがない記事にNO IMAGE画像を設定することができなかった(?)ため、ロゴによっては結構な圧力を感じてしまいそう(´ω`;)

スクリーンショットは用意しなかったのですが、アーカイブページでは、英字のみの長いタイトルは枠からはみ出てしまうようです。

ダミー記事を使うと、いろいろと分かります。

流動デザインで色の組み合わせが楽しい

とても癒やされるカラーデザインにできました。

現行テーマで施している、フッターにもロゴ表示といったあたりは対応がされていない模様。

広告

CSSによるカスタマイズについて

「4536」にも子テーマが用意されており、カスタマイズが気軽にできるようになっています。

もともとのデザインが特徴的ですから、さらに何かしようという方はあまりいらっしゃらないかも知れませんが、カスタマイズのしやすさを実感できます。

フォント定義によるフォント変更もOK

当ウェブログで使わせていただいているWEBフォントやアイコンフォントの適用、外部リンクのアイコン表示も問題なくできました。

見出しのカスタマイズもうまくできた?

見出しはどのテーマもほぼほぼ自由にカスタマイズできる感じですね。

アイコンフォントを追加したりして遊んでみました。
見出しを中央配置にするなど、ちょっぴり変化球(‘-‘*)

内部ブログカードも問題なく表示

yStandardではまったく反応しなかった内部ブログカードが動いてくれました。

細かい部分なのですけれど、やはり多少の独自性は出したいなという思いがあるので、こういう部分はありがたいです。

「4536」では、URLを打ち込むことで独自のブログカードになってくれるようです。

ほんの少しだけ残念なところ

Prev Next記事はモバイルを想定した仕様

パソコン表示だと「ちょっと大きいな」と感じます。
うちのブログ、このエリア入れてないのであまり気にならないのですが。

目次のデザインが構成によって崩れ気味

目次においても、カスタマイザーで指定したグラデーションが活かされています。
構成が増えると、見た目がやや崩れた雰囲気になりました。

AMPにも対応済とのこと

テスト環境ということで実際に使ってはいませんが、「4536」もAMPに対応されています。プラグインは不要。

当ウェブログで現在使っているWordpressテーマ「THE THOR」のAMP機能はあってないようなものと評価されている方もいらっしゃいます。

THE THOR(ザ・トール)の評判|表示速度と使いにくさはNo.1|メリエの何でもブログ

とはいえ、うまく設定できている方もいるようで、実装すれば速くなるのかも知れません。

当ウェブログではエラーがなかなか解決できないため、このテーマにおけるAMP機能は諦め気味です。
デザインがスポイルされるトコロもちょっと嫌だなと感じているので。

高速化にも特化したテーマ

ローカル環境でも最速の反応

かなり反応の良いテーマです。

うちのローカル環境、そんなに軽くないのですが、今まで使っていたテーマの中で最もサクサク動いてくれます。

本番環境でも期待できそうなレスポンス。
たまたまかも知れません(?)

製作者様が高速表示に力を入れており、管理者側も非常に扱いやすいテーマになっています。

あのPageSpeed Insightsモバイル100点を狙うことも可能?!
WordPressの高速表示でお悩みの方は、試してみてはいかがでしょう。

テーマを変更される際のSEO環境の変化にはくれぐれもご注意ください。

ちなみに「4536」では、All in One SEO packのデータインポート機能があるとのことでした。

ただTHE THORからのテーマ移行ということで現状での予定としてはSWELL一択になっております(セール狙ってます)。←雲行きが怪しくなってきました()

無料でも魅力的なテーマはたくさんある!

有料=優秀という固定概念はもはや覆されつつあります。

今回紹介した「4536」も、このページだけでは伝えきれないところがもどかしくもありますが、無料ながら有料テーマ並みのクオリティです。

  • カスタマイズしやすい
  • SEO対策が施されている
  • 高速化が期待できる
  • 豊富な独自ウィジェット など

WordPressをはじめたい、できれば無料テーマで…という方も、そうでない方もぜひ機能紹介のページをご覧になってみてください。

4536 | 流体シェイプデザインの無料WordPressテーマ「4536」公式サイト

こうしていろいろと触っていると、WordPressテーマには開発者様による、たくさんの愛が詰まっていますね。

ただ、あまりに多機能すぎてもテーマを変更することとなった際にイロイロと大変だったりするので、付加的な部分はプラグインで補いたいところ。

あまり入れすぎるとバグも増える関係で、包括的なWordpressテーマが人気なんでしょうけれどね。

これからも気になるテーマがあったらご紹介していきたいと思います。

テーマをいじくるのがダイスキなトヲル(@yorealog)でした。

広告