Xperia X performanceに機種変更した話

こんばんは、トヲル(@yorealog)です。

10月に入った、と思っていたのもつかの間。11月になってしまいました。
段々寒くなってきます。と、同時に喉のかゆみが薄らいできました…。

さて、話題があっちにこっちにと前後してしまっておりますが…!
いい加減Xperiaの記事を書かなければと思うのでココらへんでw ←遅杉

次回はSnapdragon820搭載機種にするぞ!…という揺るがない決意

予てより、

次回Android端末は
「Snapdragon820」搭載のもので!

と決めておりました。
それはもう、コツコツ積立するぐらい。

そして機種変更を検討し始めた頃、Snapdragon820搭載機種の先駆けとして発表されていた機種こそ、SONYの「Xperia X performance」(以降Xperia Xp)だったのであるというお話。
待っていれば後から続々出てくる予感も多少ございますが、ひとまずこれまで使用していた、AQUOS PHONE SERIE mini(SHL24)中々の限界を感じております…。詰まるところ待てません(

まぁ、iPhone SEと比較してしまうと、当然ながらかなりの不安定感だったりする訳でw
一番問題視しているのが、いつまで経ってもOSが4.2.2のままアップデートされないという事態。
旧バージョンがセキュリティ上の懸念を抱えつつも、肝心のメーカー(キャリアとどちらが黒幕なのやら?)が対応してくれないというジレンマ。
二度とSHARP産の端末には手を出すまいと心に誓いました、画面はすこぶる美しいとしても。

Xperia Xpに機種変となると料金プランが強制的に変更させられる事実

そんな経緯でして。

SHL24はauの端末ですので、SOV33(Xperia X performance)の導入を目論んでいた訳ですが…
こちらの機種、VoLTE―ボルテ(ヴォルテ?)と読むらしい―対応だとかで、auを通して購入或いは機種変更する場合は新しく設定された料金プランにシフトしなくてはいけないそうなのです、例え持込であっても。ICカード(SIM)が変わるだかなんとか…なんともややこしい。

加えて、SOV33に機種変した場合、プランが強制的に変更となってしまうので毎月の維持費が最低でも約5,000円(データ定額1GB+カケホーダイ)と大幅に跳ね上がってしまいます。まぁ、高額な料金を請求できるようになりますから、auの目論見通りとなる訳ですね。

料金シミュレーションをしてみよう

さて、文章だけですとイマイチ分からないという方のためにコチラ

auの公式ウェブサイトに行くと設置されている、料金シミュレーションコーナーです!
ここでワタクシが機種変更をした場合の毎月の料金を妄想してみましょう。

screenshot_3

まずはプランその1。
基本ぼっちですので通話をするのは家族ぐらい→一番安いLTEプランを選択。
そうしますと、Xperia Xpに機種変する私は、強制的にLTEフラットに加入

月額の概算7,488円也。

ちなみに、持ち込み機種変ですから当然のことながらスマートバリューは対象外。
データ通信は月々3GBでお釣りが来るにも関わらず、「使い放題という無駄遣い」をさせられてしまいます。

screenshot_4

続いてプランその2。
基本ぼっちですが、データ通信費を抑えるためにスーパーカケホを選択します。
そして、データ通信は殆ど使いませんのでデータ定額1(1GB)をチョイス。
実のところ3GB程度欲しいところですがOCNモバイルONEで賄えるので問題なし。

月額の概算5,292円也。

データ定額1はスマートバリューの対象外ですが先述の通り持ち込み機種変ですので(以下略
通話は殆ど使わないにも関わらず、「月額の通信費をできるだけ抑える」という目的で必要のないカケホーダイを選択しなくてはなりません。

この結果を見ると、もうがっくりです(ノ▽`)

これまでに来ていたau単体の請求金額が1,100円ですから…最低でも5倍近く。
最早、貧乏人は大手キャリアでスマートフォンを買うなという時代がすぐそこに。
もう少し稼ぎが良くなれば検討しないでもないんですが(笑)
世知辛い世の中でございます。

そんな訳で自暴自棄になった結果。

img_1143

docomo SO-04h

コチラを購入いたしました。

なぜかdocomoの白ロム(なんでやねんw)
そして購入後に知ったのはSIMロック解除関連含め非常に使い勝手が悪いという事実。
一応、auのSIMを挿してみたのですが…
SIMロックを解除してくださいとか言う表示が出たくらいでした。

そうかといって後悔は致しません。

kimg0043

ものは次いで(?)ということで、兼ねてより使っていたOCNモバイルONEのデータ専用SIMも挿してみましたところ、問題なく使えました。

当時は恐らく、Xperia Xp購入ありきでプランを立てていたため、それならばXperiaをOCNモバイルONEのデータ専用端末にし、iPhone SEにauのSIMを挿して使おう!と考えていたようです。SEはauのSIMを挿してみたところ、アンテナも普通に立ち、問題なく使えるようになりました。

とは言え、auのサポセンに電話をし色々と訊いてみたところ、スマートフォンユーザーに兎に角データ=お金を使って欲しいというauは、今後ライトユーザーに特化したプランを作ってくれそうにない…と感じましたため、

これを機に10年以上利用していたauをやめ、OCNモバイルONEにMNP致しましたッ
まぁ、先日の発表を見て―au STARでしたっけ?―長期利用者の優遇施策がデータプラン利用者のみ且つポイント経由だなんて…
確かにauは三太郎のCMが好評価だったり色々と頑張っているのではないかと考える半面、こういった自由の少ない料金プランで顧客に選択肢を与えていない事実を目の当たりにしますと、一体全体顧客を何と心得る!と言いたくもなってしまうのでございます(貧乏人ですw)。

近頃は公衆wi-fiの環境も整備されつつありますので、モバイルデータ通信費でお金を取ろうという手法はそのうち通用しなくなってくるのではないかと思うのですが、さて如何に。

Xperia Xpの使用感及びMNPした話は、また後日にでも。