くればぁ社の100回洗える高機能マスク「bo-bi」

新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、マスクの需要が急激に高まりました。

同時に、著しいマスク不足が国内全体で起こったのは皆さんも周知の通り。
今や需要と供給は落ち着きつつあります。

広告

繰り返し使えるマスクの需要が拡大

毎日使うという観点から、洗って繰り返し使えるマスクも注目を浴びるようになりました。
今日もユニクロが涼感マスクを発売したばかりですね。

ユニクロ“エアリズムマスク”販売開始 多くの店舗で売り切れ | NHKニュース

クラスターにならなければいいのですが……()

注目を浴びるくればぁ社の抗ウイルスマスク

最近特にメジャーになってきているのが↓

新型肺炎で注文殺到の高機能マスク 高価格帯の種類は13000円以上 | 社会,医療,経済 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

愛知県豊橋市にあるくればぁ社の抗ウイルスマスクでしょうか。

株式会社くればぁ

度々メディアでも紹介されており、SARSが流行した時も注文がたくさん来ていたということなのですが、今回は収束がなかなか見えてこない=長期戦となっており更に注文が殺到しているようです。

見に行くたび売り切れているという具合。

みなさんがご興味あるのは「ピッタリッチ」という、高機能フィルターが使われている比較的安価なタイプのマスクだと思うのですが、トヲルは過去に「bo-bi」を購入したことがありまして、その辺の購入レビューを今更ながらアップしたいと思います。

「bo-bi」につきましては下記リンクで詳しくご覧いただけます。

bo-bi

PM2.5や花粉対策に購入

当時は喉のかゆみが本当に大変だったので、いろいろ試していたんですね。
今も天気や季節によって変動しますから、大変といえば大変……慣れてしまった&諦めたという部分もややあります。

なぜbo-biかといえばついでに言うと「痩せたらラッキー」程度の邪念が入っておりました……(*ノノ)

まあ、痩せません()

サイズを細かくオーダーしてみました

注文したのはオーダーメイドバージョン。
寸法を自分で計測して注文時に入力するタイプ。

一般的なものはS、M、Lの3サイズ展開となっております。

さて、オーダーメイドなので結構かかりますがー…
当時だいたい2週間くらいでしょうか。今は1~2ヶ月とありますね(´ω`;)

その代わりフィット感は抜群。
長時間の着用で顔に跡が付くくらいです(笑)

bo-bi くればぁ

なかなか仰々しい梱包で届きました。
市松模様が日本らしさを彷彿とさせます(?)。

市松模様の箱を開けるとこんな感じです↑
個人的には、過剰梱包だなと思うわけですが、今はどうなっているのでしょうか。

↑本体(?)。
帯がついていて、いろいろ書いてあります。

更に開封すると、マスクが出現。
マスクが入っていたケースは、洗濯時にネットとして使えるとのこと。

付属品としてフィルタが10枚ついてくるものの、高いので勿体なくてほとんど使っておりません(待)
フィルタを入れる場所には下記アイテムを入れています↓
※Amazonでは出てこないので楽天のみ

マスク自体は100回洗えるというふれこみですが、ワタクシ2枚所持していまして、1枚目はかれこれ4年目。

参考までに

かなり単純計算ですが、365日×3年=1,095日。
20,000円÷1,095日=1日あたり18.3円くらい。
2枚分で計算しても1日あたり36.5円です。

くればぁ社のマスクは高性能

ロゴにまつわるデマも拡散していろいろ大変だったとは思うわけですけれども、マスク自体は本当に良い商品だと思います。

PR記事のまとめページを以下に貼り付けておきます。

株式会社くればぁのプレスリリース(最新配信日:2014年5月21日 12時00分)|プレスリリース配信・掲載のPR TIMES

問題というと、近頃は常に売り切れで買えなくなってしまったことでしょうかね……。

ウイルス対策として今は大活躍しているわけですが、そもそもアレルギー対策(花粉やPM2.5など)として毎日身に着けているものなので、片方がボロボロになってしまったらどうしようかと。

すでにゴムが相当ボロくなってきているわけですけれども(汗)

風邪・ウイルス対策だけでなく花粉症などでお悩みの方にもオススメしたい一品です。

「ピッタリッチ」でしたら、公式ウェブショップの方が手に入りやすいかも知れません↓

株式会社くればぁオフィシャルショップ

広告