ポケモンGOを再びストップした件。

ポケモンGO起動画面

Pokemon GOが2016年7月22日に日本で正式サービス開始。

あまりのブレイク加減に気になってインストール→プレイしてみてマトモにプレイできず即アンインストール。

再びインストールしてプレイしたところ、環境がそこそこ改善されたため、そこそこハマったという感じなトヲル(@yorealog)でした。

スポンサーリンク

ついにポケモンGOを再STOP

実際、好きなゲームだったのですがねー…
散歩にもちょこちょこ出かけるようになって。

近所にシルエット状態のポケモンが出たときのワクワク感、のような(大げさか)。

コンテンツの増加に比例する疲弊感

たぶんー…

フィールドサーチがはじまってから嫌になってきた

ジムバトルやレイドバトルは、正直関わりたくなかったのですよ。
他人と知り合いたいとかいう意識が薄いのです。

ぶっちゃけ、自分自身が誰かとつながる価値もない存在というか…(歪)

でもやらないままでも良かったじゃありませんか。

その頃はまだ、「ポケモンGO」には自由度がありました。

けれど「フィールドリサーチ」。
これが嫌だった……。

図鑑集め中心の活動でしたが、フィールドリサーチをこなせば入手できるポケモンが出てきました。

そのうちジムバトルをやれ、レイドバトルをやれ、そして勝て、といった具合に。

レイドバトルも無作為にタマゴを出してくるじゃないですか。

アプリ内でマメにチェックしないと、どこに何が出ているか分からないというのも個人としてはしょっぱかったです、縛りすぎでしょ。

ジムバトルのシステムも本当に嫌でした。

「Pokemon GOは3チームに分かれてジムを奪い合うゲーム」
「いつ落とそうが自由。やられたらやり返せ」

といった概念のトレーナーさんとは、やはり合いません。
=ジムを速攻崩されるとモヤる派です。
精神衛生上よくないと感じて、最近はジムバトルには関わらないようにしていました。

ユーザー同士で競い合い優劣をつけさせようとする仕組みが苦手なのです。

自由に遊んでいるはずがいつのまにかコントロールされている現実

主観、自由度の高さが専売特許だった気もする「ポケモンGO」。

フィールドリサーチ、まだ出会っていないポケモン、無作為に開催される伝説レイドバトル。

知らないうちに「アプリにコントロールされていないか?」と思うようになったわけです。

田舎暮らしで、足の悪い家族がいるため移動手段は常に車で、私は常に運転手です。

モンスターボールPlusを所持していたため、自動化して無作為にポケモンを集めたり、ポケストップを回すことはできます。

モンスターボールPlus自動化とは

自動化というのは100円ショップでマジックテープ式のケーブルホルダーを買ってきてモンボPlusに巻くだけです。
大きめの洗濯バサミで挟むという手法もアリ。

ただ、ポケモンを優先して検知する仕様は残念でした。ポケストップを優先して欲しかった。
それでもかなり便利でした、買って良かった。

しばらくしてから速度制限がついたのはこれまたがっかりしましたねー…。
以前は時速50km前後でも回してくれていましたから。

一般道は40km前後が多いですし、そもそも制限速度を守らない車も中にはいるので、ポケストップを回したいからと30km前後で走ったら煽られます(笑)。

そんなわけで運転メインでもポケモンは集まりましたが、欲しいポケモンを確実に捕まえることは不可能ですし、すぐにモンスターボックスを圧迫し出して、個体値を調べたり、ポッポマラソン開催しつつ博士に送るのも相当面倒になってきまして()

移動手段が自動車だといろいろ面倒

レイドバトルは本当に面倒くさいw

当方住まいが田舎のため、移動は自家用車が主体ですし、ジムも都会のようにたくさんあり、人がわんさか集まるわけではありません。

しかも暗くなった時間にも開催していて……自転車で行ったら防犯上怖いじゃないですか。

ですから駐車可能かつ駐車スペースの充実した、人の集まる場所を探すわけです。
そこら辺にいい加減に止めれば交通違反になることもあれば、周辺の人から白い目で見られてしまうこともあるでしょうし。

そのようにして、いろいろと気を遣うのに疲れてしまったというのも、あるかも知れません。

ロケット団でトドメ

ロケット団がさらに面倒くさかった。

↑(;´Д`)一回作ったものを使い回せないの?

下っぱを倒してパーツを組み立て、リーダーを倒し、また下っぱ狩り(待)でパーツ集め……。

↑こっちだってやりたくてやってるんじゃない罠w

ランダムに黒く変色するポケストップを探さなければならない上、ガチ勢でもないので下っぱもラインナップ次第ではなかなか勝てないことがありますし、リーダーはさらにかったるい。ボスなんて到底無理。

こんな感じでぶっちゃけもうやってられません、付き合いきれない。

もともと2019年内に休止しようと思っていましたが、新しいフレンドさんと大親友になるまで待ち、初相棒のミジュマルを最高の相棒にし、結果としては2020年1月の休止となりました。

↑ミジュマル、かなりかわいいです。オススメ。

やはり、スキマ時間で手軽に楽しめるという概念は大切だと思うのですよ。

ワタクシはお出かけついでにアプリを起動して楽しむ程度で良かったのですが、今のPokemon GOは、「出かけさせられている」といいますか。

引退というより休止なわけですが

実質引退です

いろいろ思い入れがあって、アカウント自体は残しているんですけれど、Googleアカウントでログインができなくなってしまっていたので、実質引退になるかと思います。

ナイアンティックに問い合わせるのも面倒ですし。

心残りは、募集掲示板で知り合った秋田のキラフレンドさん。

大親友になった後も、毎日ギフトをやり取りさせていただきました。
本当に良い方だったのでお別れになるのは残念でした。

そういったところも運営の策略のようなものを感じますね。

横のつながりを作ってやめにくくするといった。

言っちゃうとフレンド機能もわたしには不要でした。
7kmタマゴとか、10000歩歩かないと孵りませんし(*’△’)

最後に我らがスパーク兄貴のスクショを貼っておきます

直感、大事ですよね(´ω`)

2年半ほどのPokemon GOライフなのでした。

の記事が2016年9月ですから、2020年1月ということで……
4年くらい遊んでいたようです。

なぜ2年半という計算になったのか(;´Д`)?

スポンサーリンク