桜あんのマーブルおからケーキを作ってみた

桜あん おからケーキ パウンド

こんにちは。
最近何度目かの減量()を始めたトヲル(@yorealog)です。

さっそくですが今回は自宅で放置されている大量の桜あんを消費したおから(パウンド?)ケーキのレシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

桜あんを混ぜ込んだ低糖質おからケーキのレシピ

参考にしたレシピはこちらの動画のもの。

11分の動画です。
レシピを以下に引用します。

材料およびレシピ

ダイエットは基本足し算というわけで、カロリーもざっくり計算してみました。
手順も何も、書いてある順番で混ぜていくだけ=本当に簡単です。

  1. 全卵 Mサイズ2個(Sサイズなら3個) 186kcal
  2. ココナッツオイル 30g 277kcal
  3. ベーキングパウダー 7g 9kcal
  4. 桜あん(茜丸本舗の製品をもとに計算) 120g 290.4kcal
  5. アーモンド・ブリーズ 38kcal ※豆乳でもOKとのこと
  6. ステビアSweet 1.5kcal
  7. 奇跡のおから(おからパウダー) 153kcal

合計 約955kcal。
8等分すると一切れ=およそ120kcalとなります。

マーブルとか気にしなければワンボウルで済み、後片付けも楽です。

動画ではかなりサラサラした生地だったのですが「奇跡のおから」だと相当膨らんでもったりとした生地になります、ゴムベラで真ん中をへこませることができるくらい()

マーブル模様の作り方について

マーブル模様の作り方についてはいろいろありますが「やさいのひチャンネル」さんが大変シンプル&簡単で分かりやすいです。9分ちょっとの動画

奇跡のおからパウダーで作った生地であればかなりもったりしていますので、ある程度扱いやすくなります。

生地を適当に3~4分割し、桜あんを混ぜた生地から型に落としていけば良いかと。

あんこはなくても可

もちろん、桜あんは別のあんこにも置き換えが可能ですしなくても問題ありません。
※材料を変えればカロリーの概算は変わりますのでご注意ください

型に入れたあとでベーキングパウダーを入れ忘れたことに気付き、ボウルに戻して混ぜなおすとかやらかしました、が……

おからパウダーで作った割にはかなり美味しくできました。
やっぱり伊豆さくら餡のクリーミーさがかなり効いているのではないかと推測…… ※糖質注意

ココナッツオイルの香りも食べるたびにふんわりします。

水分と一緒に食べれば満腹感倍増

アドバイスとしては「一般的なスイーツのように美味しく」といった期待感を持たないことでしょうか(待)。

お茶と一緒に召し上がっていただくと、お腹がかなり膨れます。

↑このように、切り分けて100円ショップで購入できる1000ml容量の容器に入れ冷蔵保存。1日1切れペースで食べていきます。

私は夕飯をおからパウンドケーキ(と言えるか知りませんが)と、スープ系に置き換えて、しばらく体重を減らしていきたいと思います(`・ω・´)←古い?

今回使用した食材および道具

最後に使用食材をご紹介。

ステビアSweet

甘さが5倍ということで、5分の1の分量にして混ぜています。

個人的な事情でステビアを使っていますが、賛否ありますのでご自身でお調べになった上でお好みの甘味料をご用意ください。

私はこちらを買っています。

ステビアSweetは、食物繊維の割合が高いことが特徴です。

砂糖による化学変化を伴わないお菓子作りや料理にはオールマイティに使えます、味は好みが分かれると思うので、まずは少量お試しからが良いのではと思います。

ステビアと称する商品は数あれど、どれもエリスリトールやラカントを混ぜたものだったりします。
エリスリトールとラカントは腸内環境に影響がある=個人的には期間限定ではありますが困ることになるので使わないようにしています。

最近のダイエットレシピだと、どこもエリスリトールかラカントを使ったものなのでなかなか……。

みなさん何ともないんでしょうかねー……毎月のホルモンバランスとか。

奇跡のおから

今回使用したおからパウダーは、糖質ゼロの超超微粉(170メッシュ=かなり飛び散ります)、6割が食物繊維という驚異のふれこみで知られる商品。
比較すると、生おからをレンジでチンして作るおからパウダーとはかなり異質。

なんか栄養的にイロイロといじっている印象が強いですが、通常のおからパウダーと同じ感覚で使うと痛い目を見るかも知れません……。

スープや飲み物にそのまま混ぜ込んだりするのはオススメ、というか本来の用途かも知れません。
摂ると翌日調子がいいですよ(´ω`)

残念なことに、ここ数年でかなり値上がりしているんですねー。

このおからパウダーはクッキー系がマトモに作れません……。
ケーキ系はぼちぼち作れますが、かなり水を吸います

おすすめはチーズケーキ系やお好み焼きでしょうか。
いつかレシピ紹介したいです。

大量購入した関係でまだまだ余ってしまっていて、仕方なく使っています。
使い終えたら別のおからパウダーにします、おそらくは。

ココナッツオイル

昨今ドラッグストアやスーパーでも普通に見かけるようになりました。
こちらも賛否ありますのでご自身でお調べになった上でご検討ください。

ココナッツオイルの15の効果効能と知っておきたい副作用&レシピ – BEAUTÉ

太白胡麻油やオリーブオイルでも良さそうですし、液状になれば良さそうなので溶かしバターあたりも選択肢に入るのではと思います。

桜あん

伊豆さくら餡を使いました。
かなりクリーミーなテクスチャで、練り込みや混ぜ込みに適しています。

逆にあんぱんといった丸く固めて云々といった作業は相当やりにくいです。

伊豆さくら餡50C【期間限定】|業務用商品ラインナップ|業務用商品|ソントン株式会社

今の季節は販売していませんので商品リンクはなし。

アーモンド・ブリーズ

200mlのものが近所のスーパーで売っているためこちらで。

甘さもほどほど、余計なものも入っていません。
150ml使い、残りは普通に飲みます。

18cmのパウンド型はセラベイク一択

お気に入りでずっと使っているセラベイクのガラス製パウンドケーキ型。
敷紙いらずでスポっと外れます。

最近劣化してきているのか外れにくくなってきました()
というわけで離型スプレーを併用しています。それでもうまく取れない時があるけどorz

今使っているものはこちら

ダイエット・糖質オフもやり方はさまざま

今回はおからパウダーを消費したかったため、おからパウダーを使用した低糖質なケーキの紹介となりました。

糖質オフで低カロリーであれば、アーモンドパウダーのみのパウンドケーキレシピもちらほらありますから、お好みのレシピを探してみてください。

スポンサーリンク