そのサービスで何をしたい?用途でSNSを使い分けよう

苦手意識の強いLINE+αについて考察。

LINE_icon02
大分主観入ってるかも(笑)

新しく導入したWordPressプラグインの動作確認も兼ねてくだらない記事を投下します☆

さてみなさんは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はどちらを愛用されていらっしゃいますでしょうか?

ワタクシ、トヲル(@yorealog)はネット界隈において基本ひとりぼっちですがSNSアカウントはいくつか(一応)所持していますよ、あると便利ですものね。なくても困らないというツッコミはナシで。

日本人に馴染みの深いSNSのひとつとしてLINEが挙げられますね。機能が年々拡充され、絶えず成長しているLINE。仕事で用いているという声も聞きます。

LINEの利便性と矛盾

先述の通り相手次第でビジネス活用もでき、緊急時の連絡手段として推奨はしていないものの災害時には既読機能を用いることもできるでしょう。リアルタイムな会話が可能で利便性も高いため、身内には積極的にオススメしていたLINEだったりします。その半面、苦手なアプリのひとつという矛盾。

自身も元々は家族の強い勧めによって導入したもので、ほとんど使っていなかったモノ。用途が拡大したのはソーシャルゲーム(モバイルアプリ)を始めてからです、今はほとんど遊んでいないソシャゲー()

とあるモバイルアプリ内において、所属していたチームのリーダーに誘われるまま気軽に始めたものの……Twitter、mixiなど、発信動作を中心に嗜んでいた自分には異質とも感じられるアプリでした。Skypeもアカウント自体は持っておりますが話す相手がいません。←安定のぼっちw

何となく閉鎖的な印象

LINEはと言いますとiPhone5sで運用していたものの、現在アンインストールしたまま。仕事で使うことになりましたからいずれは再導入せねばと思うのですが。

何が苦手って、

……グループ機能でしょうか?

グループ機能が特に苦手

そもそも余程の用事があるか、よほど仲の良い(信頼 or 依存している)人でなければ、自発的に話しかけるといったコトは基本的にございません。そんな私がひとたびグループに所属すると末っ子属性も災いして(?)、メンバー全員の顔色を常に伺ったりしてΣ( ノω’)

なんなのでしょうあの微妙な空気。

既読スルー、未読スルーなどという独自の機能も、顔や素性の分からない相手では上手く使いこなせません。常につながってしまっている状態でオンオフの切り替えが上手く出来ない……加えて賑わっている時とそうでない時の差が激しいのです。

安定して流れている時は然程気にならないんですが、少し過疎り出すと……

「どうしたのかな、(リアルで)何かあったのかな」

…と不安になってしまうだなんてとても言えない(苦笑)。

距離感がうまく測れない

LINEって近いようで遠くてなんだか見えない。
逐一知りたいワケでもないが、どうしてか無駄にモヤモヤさせられる。

近いのか、遠いのか?一体なんなんだー!(叫)

「深く考えるな」と良く言われます。交流する相手を選ぶことも含め人間関係についてよくよく考えることはそもそも自分のデフォルトです。多分、人付き合いに関しては真剣(過ぎる程)なのだと思います。

いい歳して「ちびまる子」のまる子&たまちゃん(カツオ&中島と言ってもいい(笑)の友情に憧れたりするもんね!(ドリームすぎる)

都合よく利用するのもされるのも大嫌いですし、いい加減な付き合いをしたくないと思っている分どこかで相手にも要求してしまうのかも知れません。だからスタンスの違いが見えてくると違和感で脳みそがいっぱいになり、終いにはLINEに使うためのリソースがスッカラカンに。唯一加入していたグループも突如無言退室という暴挙をやらかしました(待)。

決して嫌になった云々ではなく、LINEに使うメンタルのリソースがゼロになってしまいました(誰に言い訳w ←)。

そうかといって向こうが合わせてくれるわけではありません。自分で対処するしかないのです。

人の数だけ存在するSNSの利用スタイル

にんげんだもの、ひとそれぞれ。

合わせる必要はないし、合わせてもらう必要もありません。

ただワタクシの場合、何かがあると途端に面倒くさくなってメンタルがガタガタしちゃう。頭では分かっているつもりですが、とっても難しいのですッΣ( ノω’)!

恐らく楽しい時は楽しいんですけどLINEってそれだけじゃなくて。

明るさの分影が濃くなる

光にはその明るさの分だけ深い影が射すわけで、私はその影を良く見つめるタイプなのかも知れません。
急上昇と急降下を繰り返すジェットコースター(JKS?)のような感覚。

SNSをうまく使い分ける

はっきり言ってTwitterのほうがつながりを意識しなくて良い分、だいぶ楽です。フォロワーさんも半分以上BOTでしょうし。

TLはとりとめのない流れ

Twitterのタイムライン(ホーム画面)というものは、さながらメリーゴーランド(MGR?)のように淡々と流れていくのです。自分がどのような状態にあろうと、それは変わりません。好きなときに開いて、好きなように情報を取捨すれば良いと考えています。張り付き注意。

自分の意にそぐわない情報をシャットアウトできる分、使い方には留意しなくてはならないところかと思いますがLINEよりもずっと気楽に扱うことができるため、他SNSよりも積極的に使っている気がします。

こうしたSNSの違いについて考えているうちに気付いたことといえば、能動的な受信が苦手という部分でありましょうか(笑)。

信頼・安心できる相手とならLINEでも可

性格的にLINEが向いていないというのは確かだと思います。散々いらぬ気を遣った結果考え過ぎて結局自滅(自爆)しちゃいますからね(;’ω’)

周囲の人が使っているからといって、つられるように導入するのも違う気がします。でもつながりたいという思いがあって、手段が限られている&抵抗を感じないのであれば使えばいいのではないでしょうか。

色々なSNSがあるから用途と環境に合わせればよい

今は様々なソーシャル・ネットワーキング・サービスが提供されていますから、わたしたちは選ぶ立場でもあるわけです。自分の趣向に合ったものを導入し、同じSNSを使っている人とだけつながるというのも方法かなと考えます。

ついでに言いますとFaceBookも個人アカウントを持っていますが、実姉としかつながっておりません。インスタグラムも好きなように写真を投げ入れているだけです。

それにしてもLINE関連でググると彼氏がどーだ彼女がどーだって……

なんだかなー。