ySstandardへのテーマ変更に伴い削ったカスタマイズあれこれ

現在、「THE THOR」を使っておりますので、かつてyStandardで施していたカスタマイズのあれこれを備忘録として残しておこうと思います。

yStandard | カスタマイズありきの一風変わったWordPressテーマ

広告

yStandardについての備忘録的な記事

ちなみに、yStandardを使っていたのはv2まででして、v3およびv4はほとんど使う機会がありませんでした。

というわけでv4で検索してたどり着いた方がいらっしゃいましたらご期待に添えず申し訳ございません。

v4のカスタマイズが頓挫した経緯につきましては後日アップいたします。

yStandardの前は、マテリアルというテーマでした。

ブログ用WordPressテーマ マテリアル

yStandardで削ったカスタマイズ一覧

バイラルメディアっぽくする「いいねボタン」

2~3年前までは流行っていたかなーと思うのですが、私の書く記事は「いいね!」をあまり期待できないかなと思い、削りました(笑)。

サムネイル画像つきの新着記事一覧

ほとんどのテーマで標準実装されていますよね。
というわけで、不要なカスタマイズに。

記事に使った画像を自動的にアイキャッチ登録する

これも標準化しています。テーマの進化?に伴い、必要はなくなりました。
WordPressで簡単に設定できますものね。

こうして考えるとWordPressは常に進化を遂げているなという感じ。

アップされて間もない記事にはファーストビューで新着表示をする

以前は施していたのですが、当時は親テーマを触る必要があり断念するしかありませんでした。

これも今は標準になっていそうですねー。

記事に対するシェア数を表示

まあいらないかなという。
当時はプラグインで実装していましたが、重かった=読み込み時間がかさみ、大半の閲覧者が帰ってしまうといったことが起こるのなら、シェア数を表示させる意味とは果たして。

読むのにかかる時間の目安表示

文字数がSEOに響くといっても、長い記事をだらだら書けば良いというものでもないかと思うわけです。

スクロールバーがえらいちっちゃかったら、私は読む気をなくしますw

諸説ありますが、人の集中力が持続する時間は、平均的に3分程度と言われています。

つまり、3分程度で読めるような記事にすることが理想です。

よって、文字を読むスピードと、コンテンツに含まれる引用やリンクに使う文字数を考慮して、10〜20%程度差し引いて考えると、全体で3000文字前後が妥当となります。

記事の平均的な読む時間を考慮!記事の目安となる文字数をご紹介 | Reach@(リーチアット)

SEO≠ユーザビリティ
割愛&まとめる勇気も大切ですよね、うまくできないんですが…υ

1記事あたりの文字数をできる限り1500~3000に収めることで不要にしました。
※できていないトコロもありますΣ( ノω’)

モバイル表示の分岐

これはおそらく不要ですよね…
WordPressの主要テーマはレスポンシブが基本となっているようですし。

プラグインなしで目次を生成&表示

これもほとんどのテーマには目次が標準搭載されていますのでー…
いろいろ調べながらカスタマイズしていたんだなあ。

前のテーマにはなく、ystandardに標準実装されている機能

前の記事、次の記事のリンクを個別記事に表示

実は「THE THOR」では使っていません。
ちゃんぽんブログなので、ペット関連だと思ったら次はパソコン周辺の記事だったりぐちゃぐちゃなのです。

で、あれば標準搭載の関連記事一覧で十分そうですよね。
見に来た方の興味を引きそうな記事を一覧表示しておくということで。

人気記事ランキングをサイドバーに表示

これも回遊率上がるか?と期待しましたが微妙でしょうか……。

人気記事一覧につきましては思うところがあるので、こちらも後日記事にできたら。

引き続き使いたいのでカスタマイズした機能

外部リンクにアイコンを付与

v2までは実装していたものの……(続くどこに)

内部リンクをサムネイル付きで表示

同上。

お問い合わせフォームを自作

一応スパム対策もしましたが、手作り感満載のメールフォームです。まあ微妙。

メールフォームをプラグインなしで何とか追加したいという方は、参考になるか分かりませんがリンクを貼っておきます。

見た目は期待しないように()

関連記事

お問い合わせページを作ってみようウェブログの運営で重要なコンテンツのひとつと言えば、メールフォーム=お問い合わせフォームの設置ですね(?)。連絡手段を確保することは、サイトの信頼にもつながって参ります。手軽に設置したいので[…]

reCAPTCHAについてはコチラ

スパム対策にreCAPTCHAを導入します連日の猛暑に溶けかけているトヲル(@yorealog)です。もう死にそうです……←大袈裟先日、WordPressにおいて「プラグインなしでメールフォームを追加する」というカスタマイズを実[…]

記事内リストを装飾

CSS処理ですのでコピペ一発、簡単に引き継げました。
リスト装飾は2種類用意してあります。
装飾ボックスも4種類くらい入れたかしら?(n’ω’`)

前に進み続けるWordPress

愛用しているテーマがWordPressの更新と歩調を合わせてくれるなら、そのテーマにも愛着が湧いてくるというもの。

「THE THOR」は有償テーマということで、うっかり買ってしまった感は否めないながらも、今のところ変更するつもりはないのですが、さらに良いと思えるテーマが出てくるのなら鞍替えはやぶさかではなかったりする訳です。

ただアレですね……。

テーマを変更すると、記事をリライトする手間が間違いなく出てきますよね。

そんな訳で、下書き記事が大渋滞している現状では、テーマをいじったり保守したりする余裕はないという感じです。

と言いながらテーマをいじくるのはかなり好きなので、ちょくちょく横道にそれるんだろうなあ()

広告