ロイヤルカナン 腎臓サポートを食べてもらおう大作戦

こんにちは、トヲルです。
今回も愛犬の話題。

さて、これまでに話した通り、我が家の愛犬は腎臓病の進行が見られる中で食事療法を開始した訳ですが…
ついに、メインで用いていた療法食「ロイヤルカナン 腎臓サポート ドライ」に見向きもしなくなってしまったのでした。

そうは言っても、実のところ8kgを使い始めて半分過ぎた程、買い置きが1つあったといった状況でして。
まさかこのような早い段階で食べてくれなくなるなどと、想定するはずもなく_| ̄|●|||
加えて、食欲が微妙に落ちてきている関係で、ガツガツ食べていた時期と比較しても明らかに消費具合が緩やか。

もうちょっとこれまでのフードで頑張ってもらおう…

ひとまず買い置き分については未開封だったため返品対応頂くことが出来ましたが、開封している分につきましては途中で廃棄する訳にもいかず、動物愛護団体へはこれまでに使用していたフードをお送りしたばかり。

仕方なく、

「どうにか残りの『ロイヤルカナン 腎臓サポート』を消費してもらおう」という私どもと、ロイヤルカナンが好きではないらしい我が家の愛犬との戦いが始まった訳であります(大袈裟)!

担当の獣医師さんに聞いてみたところ、ウェットフードと混ぜることで食べるワンちゃんもいるそうなので…

試してみます。

ドライフードを柔らかくする

ウェットフード(缶)は、一般的にはドライフードよりも食い付きが良いのですがコストが高めですから、混ぜることでドライフードを食べるうちはこの方法で療法食を与えるのが良いのではないでしょうか。

まずは「ロイヤルカナン 腎臓サポート」をいつものようによそい…

熱湯を注ぎます。
何やら泡立ってます。

15~30分ほど放置すると、このように水分を吸いきってふやけます。
芯が多少残っている感じではありますが。

ウェットフードを混ぜ、レンジで温める

ここへ、この…

「ロイヤルカナン 腎臓サポート」のウェットフードを大さじ2杯~3杯ほど追加します。
うちの子は中型犬なので、結構な分量が必要です。

中々良い表情(´ω`)♪
もう少し待っててくださいね。

レンジで温めます。

なぜ温めるかというと、加熱することでフードの香りがよく出まして、彼の「食欲を増進させることができるかも知れない」という期待があるためです。

当家の電子レンジは「ビストロ」です。昨今の機種は自動メニューが豊富で大変便利ですね。
「あたためボタン」を押す→あとは待つだけ。

ここで、「カリナール2」を1食あたり3杯ほど追加。
「カリナール2」は腎臓の値(BUN)に作用するそうです。

あとはひたすら混ぜます。まぜまぜまぜまぜ。

しばらくしますと、このように原型を留めぬ様相を呈して参ります。愛犬も食べたそうにしております、いい感じです。

では…いざ、実食!

中々の勢いで召し上がっています。
美味しいと良いのですが…食べてくれる姿を見ることができる歓び+。・゚(*’ω’*)゚・。+

嗜好がハッキリするまで
療法食のまとめ買いは避けよう

療法食生活に入りますと、嗜好がハッキリしてくるまではいつ食べてくれなくなるのかが分かりません。
当家のように「安くなるから」と、嗜好も分からないうちに安易にまとめ買いをしてしまいますと、突然食べなくなって大量の在庫にうなされるという可能性が待っています。

愛犬の好みが分かってくるまでの間は、小分け単位(~1kgくらい?)で色々な種類のフードを準備しておくと良いのかも知れません。

できる限りサンプルから

まずサンプル(テイスティングパック)を取り寄せるのはとても良い判断だと思います。
ただ、サンプルを食べたからといって、その後も恒久的に食べてくれる保障はなく、突然まったく食べなくなる恐れもあります。
また、フードが合わずに消化不良を起こす子もいますから、注意が必要です。
腎臓病の犬は、数値にもよりますが常に「気持ち悪い」と感じている子もいるのだそうです。そのような中でこれなら絶対に食べてくれる、と確証の得られるものはありません。

そういった理由から、様々なフードを常備しローテーションで与えているというご家庭もあるようです。
そこはそれぞれ、食べてもらうための工夫が必要になってくると思います、食べなくなったら、本当におしまいですから。

フードを切り替える際には、ちょっとずつ

いきなり切り替えるのではなく、これまで与えていたフードに半分混ぜる期間を設けるなどして、徐々に切り替えます。
同じフードを食べ続けることができるのなら、切替期間さえ過ぎれば同じフードを与え続けても良いと思います。
当家では、嗜好が分からないうちは何種類か準備してサンプルを与えた後、色々と切り替えながら与えていました。そういうご家庭もあるやも知れませんね。

返品受付期間が長めのショップもオススメ

食べなくなった際の、未開封状態の買い置きの返品を受け付けてくださるショップさんも利用し易いと感じます。
通販の場合、通常では7~10日程度ですから…突然食べてくれなくなった場合は泣きたくなりますよね(ノ▽`)
60日という長い期間の設定をされているショップさんもありますので、心配な方は探してみると良いです(ここでは紹介を差し控えたいと思います)。

まぜまぜにオススメのウェット療法食はこの辺

嗜好が強く出てきた我が家の愛犬が、「はやくちょうだい」という雰囲気を醸し出したウェットフードを列挙しておきたいと思います。

ロイヤルカナン 腎臓サポート缶 ウェット

単体ですと、温めずとも問題なく食べてくれます。
コスパも比較的良いのでウェットフードの中では手軽でオススメです。
個人的にですが、急に必要になった場合でも地元のペットセンターで販売されているので手に入りやすいという安心感もございます。

アニモンダ インテグラプロテクト ニーレン

ドイツのペットフードメーカーさん。
Amazonなどですと、600gが頻繁に在庫切れとなっています。
ロイヤルカナンとの組み合わせは芳しくありませんでしたが、単体では食い付きもかなり良好でした。
高いので、やっぱり美味しいんでしょうね…(遠い目)

フォルツァ10 アクティウェット リナールアクティブ

フォルツァ10のウェットはかなり食い付きが良かったです。
ラムとチキンがメインの模様。

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット k/d シチュー缶

ヒルズのk/d 370g缶は、些かもっさり感があって微妙な雰囲気なのですが、シチュータイプはお肉と野菜のミックスで、我が家では好評を博しております。
ただ、容量的にもかなり高めです。
うちの子も今より更に食欲がなくなったらこれだろうな、と思います。
ビーフとチキンの2種類がありますので、ワンちゃんの嗜好に合うほうをどうぞ(はチキン)。

頑張って与えるも
しばらくすると食べなくなりました

このようにして、しばらくの間はほぼほぼ完食してくれるようになりました。

…が、やはり嗜好に合わなくなってしまったようで。

ウェットフードを混ぜても、見向きもしなくなってしまったのでした(ノ▽`)
これではBUNへの作用を促す「カリナール2」も十分な分量を摂取させることが困難になりましたので、そういった部分も含めて新たな療法食探しと、工夫が必要になってくるのでした。

続きはまた別の記事にしたいと思います。

おわりに

ロイヤルカナン(腎臓サポート)自体の評価は材料や品質(製造工場見学についてのお話含む)、成分等々、多くのウェブサイトで様々な見方がなされていますが、選択するのはあくまでも飼い主さんですから、値段や口コミなどあらゆる情報を加味した上で、どのフードを使うかはご自身で決定されることと思います。

この記事は、多種多様な療法食が展開されている中で、ロイヤルカナンをピックアップしてお奨めしている訳ではありませんが、こちらのフードで我が愛犬の腎臓の数値が、一時ではございますが劇的に改善されたことは確かであるのと、こちらのフードをご利用になられる飼い主さんに、どのようにして愛犬に与えたかという部分に置いて参考になることが多少なりともございましたらばと、綴らせて頂きました。